モチベアップ道場

断捨離で失敗しないための4つのルール【超かんたん!】

投稿日:

ロジカルとスピリチュアルに整合性を持たせ10年かけて実践!

その結果、より効果的な方法をシェアしようと立ち上がった管理人のたけのうちです。

前回は『断捨離の効果』について体験談を交えながら解説したのですが、今回はより具体的に、失敗しない断捨離のやり方についてご紹介して行きたいと思います。

一応前提として、断捨離はとても人気がある方法で、色々な人がそれぞれのやり方や効果について解説しています。僕はその点を考慮しつつ、それらを否定し「俺のやり方こそ最高!」ということが言いたいのではなく、自分の中でとても効果があり、向いている方法なので、是非シェアしたいという意識の元、このような記事を執筆しております。

たけのうち社長
ということで、今回は効果よりも失敗しないやり方について説明していきますね
めいりー秘書
効果や考え方を知りたいという方は前回の記事をご覧ください!組み合わせて読むことで、さらに効果的です

断捨離が引き寄せる5つの効果についてロジカルに解説します

 

スポンサードリンク

断捨離を成功させるために、失敗しない方法を知っておくと良いです

断捨離で思うような効果が得られなかった、せっかくやってもすぐに物が増えてしまうという経験はありませんでしょうか?そのような断捨離に対するもやもやポイントをスッキリと解消しちゃいましょう。

まずそのために、断捨離する意味を再確認していきます↓

ポイント

断捨離をするにあたり必要なことは、物を捨てるという行動以上に「どのような意識で行うか」がとても重要となってきます。ただ部屋を片付けるという目的でやるのではなく「なぜ断捨離を行い、物の取捨選択をするのか?」ということを常に考えるようにしましょう。

断捨離は『今のあなたに必要か・不要か』といった選択の繰り返しを行うということです。物を手に取り「今」必要であれば残す、「今」不要であれば捨てるようにします。ここでどうしても「もったいない」「いつか使うかも」といった考えがよぎるかもしれませんが、あくまでも今に注目するようにしてください。

今に注目することが重要です

まず、断捨離をする目的をしっかりと認識し、これからご紹介する失敗しないための3つのルールを頭に置いておくとうまく行くので参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

断捨離がうまくいかない理由と4つの対処法

断捨離がうまくいかない理由のひとつは、上記で説明した通り、目的が定まっていないことが言えます。

また、実際に物とどのように向き合うのか設定が定まっておらず、最後までできなかったり、どうしてもスッキリしない結果になってしまったり、いまいち効果を実感できないといったことに繋がってしまうことに気が付きました。

そこで、より具体的な物との向き合い方について、今からでも再現できる方法としてシェアしていきたいと思います。

1.対処が難しい物との向き合い方

物の量にもよりますが、断捨離は体力だけでなく精神的なエネルギーを消耗します。終わったあとは気持ち良くなる反面、体調を崩したり、一次的に運気が下がるような感覚がやってきます。

人間にとって選択は、以外と疲れることでストレスも溜まりがちです。そのため、できるだけ選択をスピーディにこなすために「迷わないためのルール」を設定しておくと良いでしょう。

たけのうち社長
ということで、解説を進めていきます。ルール設定はすごく重要です

 

2.どうしても捨てられない思い出の物

めいりー秘書
思い出が詰まっていて捨てられない物はどうすればいいですか?
たけのうち社長
ここで手が止まってしまうことは良くあることですが、ちょっとした工夫で対処できます

どうしても捨てられない思い出の物は、スマホやデジカメで撮影して捨てちゃいましょう。ただ、それでもどうしてもという物に関しては残しておくと良いです。写真として残すという選択肢があるだけで、迷う回数を少なくできるという効果があります。

 

3.もしかして使うかもしれない「未開封品」はどうしよう・・

また、断捨離をやっていてあるあるなのが、もしかして使うかもしれないと買い込んでおいて未開封品です。

ただ、このような物に関しては「もったいない」という感覚を持ち、物に未練を残すよりも「断ち切る」という考え方を持つことが断捨離の本質だったりします。断捨離という言葉には「断」という漢字が入っている通り、気持ちを断つことが目的のひとつです。

そして、ここで未開封に対して断つ意識は『これからは必要なものだけを買うようにしよう』といった気持ちです。これまでは使わない物をため込んでいたけど、これからは気をつけよう、という改善と反省が、物に対する意識を高めてくれるようになります。

 

4.売れるかも?欲しい人がいるかも?という物

売れるかもしれない物や、欲しい人がいるかもしれない物も結構厄介で、手が止まる原因になってしまうことがあります。

一説として「断捨離で出た物は売るよりも寄付すべし」といった意見を聞いたことはありませんか?実はこの考えは合理的な意味があり、売って「得」をしてしまっては断捨離の本質から少し離れたものになってしまうことがわかります。

断捨離の本質として「断つ」という側面があったとして、仮に利益になるようなことがあってしまっては「断捨離をして得をした」という意識が芽生えてしまう可能性があります。

そこだけならばまだ良いのですが「不要品を所有していた」によるメリットを感じてしまうことで、必要なものと不要なものの取捨選択ではなく、不要品を所有したら得をした、という考えに繋がる恐れがあります。

そのため、断捨離中に出てきた物に関しては、できるだけ「断つ=繰り返さない」という反省的な意識を持ち、不要品を持っていて損をした、という感覚を身に付けた方が結果良い方向へと行くはずです。

ただし、寄付したりあげることは問題ありませんが、寄付することに時間や手間が掛かりすぎるような場合は、さっさと捨ててしまった方が精神衛生上よろしいかと思われます。

 

スポンサードリンク

失敗しないための断捨離 まとめ

たけのうち社長
という事で今回は、断捨離で失敗しないための方法を僕の経験を踏まえた上で解説していきました

もう一度おさらいすると、断捨離をする前に『なぜするのか?』という目的の再確認が重要です。断捨離をすることで物が減るのですから、部屋が綺麗になるのは当たり前のことです。

これだけでもメリットですが、本質は心の中にある「必要と不要の選択」と「不要を断つ」ということです。

断つということは「捨てる」だけでなく「招かない」という意味でもあり、そちらの方が断捨離としては強い力を持っております。また、同時に必要なものを招き入れるために断つという概念もあるため、それらを頭におきつつ断捨離を行うことがとても大切なことだと感じています。

それと、断捨離がむつかしい、うまく捨てられないという方のために、4つのルールをご紹介したので、是非取り入れてみてください。

僕にとっての断捨離は「やらなければならない義務」ではなく「心の整理をするための前向きなこと」です。いやいややるのではなく、明るく楽しい気持ちで取り組むことが最終的な秘訣かもしれません。

The following two tabs change content below.
このような見た目ですが、夢鑑定セラピスト・夢占いアドバイザーなどの資格を持った夢占い専門のウェブ占い師&社長です。占いという視点だけではなく、ジークムント・フロイトの精神分析や、集合意識。引き寄せの法則など、スピリチュアルな繋がりを含め総合的に診断を行っています。ポジティブな気持ちで前に進むことができるようなアドバイスを心がけております。

Copyright© ロジカル夢占い , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。