できごと 夢占い-資料館-

【夢占い】死ぬ夢が持つ本当の意味と、生き方を示す重要なメッセージ

投稿日:

スポンサードリンク

死ぬ夢占い その意味を徹底考察

夢の中でも【死ぬ夢】は非常によく見られる夢のひとつです。

夢占いとしての死ぬ夢は、再生や人生の区切り、新しいスタートといったように前向きな意味合いが持たれているとされていますが、はたしてそれは本当なのでしょうか?

自分が死ぬ姿を夢で見るのはとても不気味で後味の悪い出来事ですよね。もちろん実際にそのようなことは絶対に避けたいと思います。そんな後味の悪い夢が持つ意味は、なぜポジティブなイメージとして変換されるのでしょうか?

ここでは「死の夢占い」からさらに深く掘り下げ、あなたの深層心理について考えて行きたいと思います。

 

スポンサードリンク

死が持つ意味は「人生の終わり」

本来、現実での死は人生の終わりを意味し、よほどのことが無い限り悲しい出来事のひとつとして捉えられています。

やっぱり大切な人物が死ぬのはとても辛く悲しいもの。できるだけ長い時間一緒に過ごしたいという気持ちは当然のことで、ある意味人生というものは死を如何に回避しながら幸福になるか、という宿命を持っています。

生を持って生まれたからには死は絶対に避けられない事実なのですが、人はその事実から目を背け、なるべく考えないように生きているのかもしれません。

本来人は、何かを体験することで、痛みや苦しみを覚えていきます。その痛みを体験するからこそ回避できるようになるし、苦しみを受けないように安全な道を選ぶようになります。ですが死は、一度も体験していないにもかからわず強い恐怖があり、命を守るための防衛本能として抱く感情なのです。

 

命を守るために死と直面する心理

死はとてもネガティブなイメージがありますが、死を考えれば考えるほど生の大切さを知ることができます。生と死は表裏一体で、生があるから死が存在し、死を意識するからこそ生への意識が生まれるということです。

死への恐怖は命を守るために必要な感覚で、そのことから『イメージの死は命を生かすための意識』だということが理解できるのではないでしょうか。

もし仮に死への恐怖心が一切無ければ、人はもっと簡単に命を失ってしまう生き物になるはずです。高いところから落ちないように注意するのは死への恐怖があるからです。交通事故に注意するのも死への凶によるものです。

ようするに、現実の死とイメージの死には明確な違いがあり、現実の死は命の終わりを意味し、イメージの死は死から回避するために必要な感覚だと言うことが浮かび上がってくるはずです。

そこから導き出されるものが『夢で見た自分が死ぬ姿はイメージであり、生きるために必要な思考を作り出すもの』として考えることができます。そのため、死の夢は吉夢とされているという背景があるのですが、実は運気を示すものではないということがわかってきます。

 

スポンサードリンク

死の夢は運気を示すものではない

死を回避するためという役割として死のイメージを夢で見て、現実で回避するように働きかける。夢はあなた自身の潜在意識が思考を整理するために作り出されたイメージだという説があります。

人は死からは避けられないのですが、そこからはなるべく目を背けて生きているところがあります。ですが、潜在意識の中には少しずつその恐怖心が蓄積していき、やがて死の恐怖で頭がいっぱいになってしまいます。

もっとも強い恐怖のひとつである死の恐怖があなたの意識を支配してしまうと身動きが取れなくなり、思考はパニックに陥ってしまうことでしょう。蓄積された恐怖でそのようになってしまっては困る、ということで、「夢の中で自分の死ぬ姿を見て、いったん気持ちをリセットする効果」をもたらしているのだと考えられます。

『夢の中で死ぬ、そして目を覚まし「死の意識に対して」新しいスタートを切る』

これが死の夢が持つ再生や新しい出来事へのスタートとして言われている真相です。運勢の上がり下りではなく、死に対する気持ちの整理という役割を持ち、何度も夢の中で死ぬことで心機一転を図ろうと潜在意識は動いているのだと思われます。

 

スポンサードリンク

死ぬ夢を見たあとにすべきこと

自分が死ぬ夢を見たあとは死に対する意識が高まり、必要以上に注意深くなったり、用心することを経験したことがあるのではないでしょうか?

それはまさにイメージとしての死を意識の中で再確認したということで、生きていることのありがたみや、大切な人たちへの感謝の気持ちを抱くきっかけとなります。

夢の中で死ぬ体験をしたからこそ、あなたは生を感じるということに繋がり、現実を強く実感するようになります。それはまさに死の夢が象徴する意図のようなもので、潜在意識はあなたの活力となるように働いているということがわかるはずです。

何をすべきかということに関しては既に答えが出ていて『生きていることに感謝する。命を実感する』だけで良いのです。あなたを取り巻く環境全ての有り難みを再確認し、当たり前のように思っていたことも実は当たり前ではないということを体感するようにしてください。

自分の死を通じて大切な人物が生きているということを実感し、より大切にできるようになるはずです。死の夢は、まさに再生を意味し、知らず知らずのうちに新しいスタート地点に立つような、そういう意味合いを持つ夢だということを夢占いではあらわしています。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


Copyright© ロジカル夢占い , 2018 All Rights Reserved.