動物 夢診断-ロジック式-

現実と夢が真逆になっている夢はどのような意味なのか?その真相を解明します。

投稿日:2018年8月15日 更新日:

公園で動物が群がってくる夢

夢の主:みかんさん

35歳/女性

 

ある日子供と一緒に公園に行きました。

いつもの公園なのに何故か入り口も遊具なども場所が逆になっています。

そして白雪姫に出てくるくらいの沢山の動物たちが、私たち親子に群がって来たのです。

私は動物が苦手なのに、夢の中ではものすごく動物が可愛くて触りたくて仕方がない自分がいました。

数々の動物とまるで友達や家族のように、親しく楽しく話せたのです。とても不思議な感覚なのにとても自然にやっている自分がいたのでした。

子供はそんな私を見てとても嬉しそうにしながら、「アルプスの少女ハイジ」のオープニングでハイジが乗っているブランコ並みにものすごい大きなブランコに乗ってはしゃいでいるのでした。私はその姿を眺めていました。

苦手な動物と自然に楽しむという奇妙な感覚

私は動物が苦手ですし、子供はブランコや絶叫系の乗り物などが怖くて嫌いなタイプです。

親子で苦手なものをとても楽しんで自然に過ごしているのが、心地いいような心地悪いような、とても変な感覚を覚えた夢でした。

 

夢占いとしての「動物の夢」

タケウチ
どーもタケウチです。

 

まず「動物の夢」を夢占いとして紹介していきます。

動物の夢には、「自己」や「もう一人の自分」「欲求」や「願望」、「将来への可能性」などの力の象徴です。夢の中の動物たちはあなた自身や周囲の人間を投影した姿で、それを見て良い印象であれば吉夢、嫌な印象であれば凶夢である可能性があります。

今回の夢のケースでは「不特定の動物が群がっている」という状況が印象深く、本当は苦手な筈の動物と楽しく過ごしている不思議な感覚の夢だったということが印象深い夢となっています。

ひとつひとつ読み解いていくと、なぜそのような夢を見たのかはっきりとわかってきます。

 

本当は苦手なはずの動物と楽しそうに触れ合っている

まず、夢にあらわれた動物は、実際の苦手な動物とは異なり自分自身を表現しているということがヒントとなります。

ようするに、動物が苦手なのに楽しそうにしているということは、自分自身に対して投影しているイメージであって、実際の動物と切り離された状態ということがわかります。

ただ、あくまでも夢占いと照らし合わせて考えるとこのような解釈ができますが、もっと強く暗示されているキーワードがひとつあります。

それは、

苦手」なものを「自然に受け入れている

ということと、その象徴として、

「動物園の配置が現実とはになっている」

ことが夢を読み解くヒントとなります。

 

動物や絶叫系の乗り物が苦手なのにも関わらず、夢の中では楽しそうにしている。そして苦手だと認識しているものに対して、心地よいような心地悪いような不思議な感覚を抱いているということが今回の夢のキーとなっています。

 

苦手なものを克服しようとする心のあらわれ

夢から得られる潜在的なメッセージは、苦手なものを自覚し、それを克服する必要があると受け取ることができます。

夢としてあくまでも「動物」や「絶叫系の乗り物」があらわれただけであって、今克服すべきものはそこではありません。本当に克服すべきものは、あなた自信の中にある、自分で認めたくない苦手な部分です。

弱点と認識している部分とも読み取ることができ、分かってはいるけどなかなか認められないような気持ちや癖、内面の気持ちがあるように思えます。そして、その部分が無ければもっと楽しくできたり、困ることが無いことも自覚しているのですが、どうしても素直になれない気持ちを抱えているのではないでしょうか。

 

本当は素直になりたい、けれど、どうしても素直になれない

 

このような気持ちが心のどこかにあり、そのためなかなかうまく行かない出来事があるように見えます。

 

素直になってしまえばいい

人はどうしても自分の思った通りに行動することができず、意思とは反対のことをしてしまうようなことは良くあることです。

ものすごく楽しそうにしている人を見て嫉妬してしまったり、自分よりも幸せそうな人を見て不快な感情を抱いたりすることもありますが、まずそのこと自体は決して悪いことではなく、まずは認めてあげるべき自分自身だと思うことが大切です。

自分の中に素直になれない感情や、表には出せない嫌な感情があったとしても、それを抑え込むのではなくまずはあることを認め、そしてそんな自分も含めて好きになってあげることで最終的に素直な自分を見つけることができるようになります。

もちろん、今回の夢のケースとして、あくまでも仮としての話しですが、本音と建て前に翻弄され、本音が奥底に押し込められている可能性があります。

どうしても「良いこと」「悪いこと」という視点で物事を天秤にかけてしまうかもしれませんが、ジャッジする前にまずそのような本質があることを認識して直視してみることで世界が開けるはずです。

 

何よりも問題とされる気持ちとして、

自分の中にある感情や思考を「嫌い」「苦手」「悪いこと」と決めつけてしまうことです。

物事は視点の角度や認識の違いによって、今まで見えていたものとはまったく別の姿が浮き上がってくることがあります。その違った側面を認識し、もしかすると、これは考え方によっては〇〇に使えるのではないだろうか?と長所に変換していくことも時には重要だったりします。

 

夢からのメッセージを受け取り、苦手なものを楽しむといった感覚を持つことで、今後はもっと楽しい出来事が見つかることでしょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


Copyright© ロジカル夢占い , 2018 All Rights Reserved.