モチベアップ道場

リミッターを外してあきらめ体質から抜け出す方法【スピリチュアル的理論】

投稿日:

たけのうち社長
どうもたけのうち(@tmbz128)です。

ツイッターも始めたので、お気軽にフォローください。夢占いだけでなく、モチベーションアップや、人生を楽しく生きるための思考術から、シングルファザーと会社経営の両立についてゆるーく呟いております。

 

今回はゴリゴリにスピリチュアルな内容となっていて、人によっては世界がひっくり返る可能性もある内容となっています。

ただ、大切なことは冷静でいて、客観性を保つということなので、いきなりどちらかに振り切ってしまうのではなく、あくまでもひとつの理論としてみんなで考察していきましょーということを意識しておくと良いかもしれませんね。

ということで、脳みそをやわらかーくして行ってみましょー。

 

スポンサードリンク

五感の揺らぎを感じてみよう

現実ってなんぞや?というとてもシンプルな問いについて、人間の世界では「五感」で認識できることに対してはとてもすんなりと受け入れることができるということはわかっています。

また人は「信じたいものを信じる」という傾向があり「信じたくないものは信じない」という思考が働くということも知られていて、これをバイアス的な概念として研究もされていたりします。

子どもの頃に見た景色が、大人になれば変わって見えるという経験をしたことはありませんか?

これってもしかすると「五感」って「確認する能力」はあるけど「真実」を見ているとは限らないのでは?といったことを考察することができます。五感は信用できない、ということではなく『五感には揺らぎがある』ということです。

例えば目に見えるものは目に見えるのだから「信じやすい」のですが、目の前に見えているものの姿は「見たいように見ている」部分もあるということです。

人によって好き嫌い、趣向、感じ方はさまざまなのも同様で、五感で得たものは「あなたがそうだと信じている姿なのではないか?」ということによって、今有る世界は一気に崩壊していきます。ただ悪い意味ではなく、見えていなかったものが見えるようになる、ということです。

 

スポンサードリンク

目に見えているものが全てではなくなってきている

よく「目に見えないものは信じない」という考え方がありますが、その概念も科学の進歩によってなくなりつつありますね。

しかもそれはとても身近で、コード関係は特に見えなくて当たり前になって来ているのではないでしょうか?BluetoothやWi-Fiといったように「ないけれど・ある」というものに対して「見えないから信じない」とはなかなかなりませんよね。

もし江戸時代のお侍さんにこれを見せても、きっと信じてくれません。

この場合、お侍さんの世界では「見えていないものが存在する」ということでさらに「信じたくないものは信じない」というバイアスが働いているものだと考えることができます(中には柔軟なサムライもいるかもしれませんが)

で、僕が言いたいのは「視覚って意外と適当」だということです。目に見えてるかどうかによって信じているのではなく「証明されているかどうか」であり、さらに言えば、観測者の思考によって世界は変化するということに繋がって行きます。

 

スポンサードリンク

あなたの世界はどんな世界?

観測者の思考によって世界が変化するという前提で話しを進めて行きます(もちろんひとつの仮定としてです)

『世界を想像してください』と言われたときに、どのようなイマジネーションが沸き起こるのか?それは人によってさまざまです。現実という世界に住んでいながらにして、人によってバラバラなイメージだったりします。

その世界は広かったですか?それとも狭かったですか?

楽しい世界・明るい世界・秩序のある世界・自由な世界・窮屈な世界・何もない世界・身近な世界、といった感じで無限の可能性を秘めています。

そして大切なことは「これだけ無限に世界はあるのに、ひとつだけに絞る必要がない」ということですね。

 

スポンサードリンク

限界(リミッター)を外すのはとても簡単

世界という単語ひとつに対して、これだけ無限のイメージがあるのにも関わらず「これはこういうものだ」「こうすべきものだ」と、さまざまな物事に対して狭くしていないかどうか。

あなたの感じている限界は、自信が決めた設定であり誰が決めるものでもないということ。

  • できない
  • 無理
  • 当たり前
  • ~すべき
  • あり得ない

これらのイメージは自分自身にリミッターをかけているだけのことで、いつでも解放することができます。誰の判断だとか許可だとか、そんなもの一切関係がありません。

ここで大切なことは松〇修造さんのように、できるできるという自己暗示的なものではなく、可能性を狭めるリミッターを解除することでこれまでの世界とは異なった見え方になり、さらにそれは無限であるということです。

 

スポンサードリンク

まとめ 脱あきらめ体質

ということでサックリと行きました。正直2割程度しか語れてません。

このようなスピリチュアルな話しって、理論で紐解くのも有りだとは思うのですが、「感じる」ことが何より大切だと思っています。

世界をイメージしたときに、壁で囲われているような世界を連想したとすれば、その壁は自分で想像したものでありリミッターの正体だったりします。また、宇宙のような無限の広がりを見せる人は、自由な発想を持っているのかもしれません。

で、後者に言えることとして「クリエイター」って壁がない人が多いような気がします。例えば「ネズミが喋るはずがない」というリミッターを持っている人には「ミッキーマウス」は想像できないということです。

どちらが正しいかどうか、優劣なのか、そんなことはどうでも良く「さて自分はどんな世界を想像しようかな」とポジティブに考えてもらえればこの記事の狙い通りです。

全ての選択はただしく、あなたの望む方向へ向かって行きます。ただ、それはあまりにも正確なので、しっかりと望む方向をイメージすることが大切です。

The following two tabs change content below.
このような見た目ですが、夢鑑定セラピスト・夢占いアドバイザーなどの資格を持った夢占い専門のウェブ占い師&社長です。占いという視点だけではなく、ジークムント・フロイトの精神分析や、集合意識。引き寄せの法則など、スピリチュアルな繋がりを含め総合的に診断を行っています。ポジティブな気持ちで前に進むことができるようなアドバイスを心がけております。

Copyright© ロジカル夢占い , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。