夢を実現化するメモ

シングルファザーでも仕事・家事・育児を手軽に両立できる3つの理由

投稿日:2018年8月12日 更新日:

タケウチ
どーもタケウチです。

男1人で3人の子どもを見て行くって一般的に相当厳しい環境だと思われるでしょうが、それはただの思い込みであって実際はそこまで大変ではありません。正直なんとでもなっちゃいます。というか自分でその環境を作ってしまえばいいだけのことなんです。

  • 家事
  • 育児
  • 仕事

この3つを全て1人でこなす必要があります。

 

自宅から出ることなく収入を得られる仕事

今の世の中、ネットの力が非常に大きく、その気になればパソコン一台で収入を得ることもできます。

家事・育児・仕事の3つを一人でこなすためには時間効率を何よりも優先して考える必要があり、無駄なものは徹底的に省いています。もちろんまだまだ完成形ではありませんが、仕事という面において無駄だと思ったことは全て断捨離してしまいました。

■仕事で断捨離したもの

  • 通勤時間
  • 必用のない人間関係
  • 会社

この3つは無駄です。

 

無駄な通勤時間

自宅で仕事をすれば通勤する必要がないので、1時間から2時間の時間短縮になり、関わる必要のない人間関係を省くことで付き合いにかける時間も自分の事に使うことができます。

仮に1日3時間を自分のために使えるとすれば、1年365日で

365日×3時間=1095時間

自由に使うことができるという計算になります。

もちろん365日通勤するわけではないので、実際はもっと少なくなりますが、いずれにせよ人生において時間は有限なので、たかが通勤という作業に時間をかけることは無駄でしかないと判断しました。

 

必要のない人間関係

人間関係の重要性を否定しているのではなく、生産性のない人間との関わりを絶つことで自分の時間をより有効に活用することができます。

聞こえは悪いかもしれませんが、本来、人間関係というものは自分自身で選択することができるものです。

無理にストレスの原因となる人間と付き合う必要もなく、ただ不満や愚痴を垂れ流すだけの人間とも関わる必要はありません。自分自身で付き合うべき人間を選ぶことができ、そして切るべき人間も選ぶ自由があります。

あとはそのような環境を作るための収入が必要なだけで、仮に何十億という資産があれば嫌な上司や、客とも関わる必要がなくなり一気に人生は楽になります。

私は、そのために会社を辞めて独立し、パソコン一台で収入を得られるようなビジネスをはじめたということです。

 

無理に会社で働く必要はない

収入は会社で働いて得るものだという固定概念さえ消すことができれば、絶対にそのようにしなければならないという決まりはありません。

ただ社会的な通年として疑うことなくそのようにしている人が多数というだけのことであって、自分で仕事を作り出し、それだけで生活することは全然可能です。

インターネットやスマートフォンの普及によって『在庫や空間を必要としないビジネス』が今後もカギを握ることでしょう。

仮に「売れるファイル」があるとすれば、物体なら「工場」を経てて生産する必要があるはずが、パソコンの機能「コピー」するだけでなんぼでも量産することができます。

また、当サイトのように「記事」を作成することも「商品を作り出す」ことと同意義で、圧倒的にコストを省いて利益を出すことだってできてしまいます。

パソコンという道具はネットサーフィンしたり、動画を見たり、ゲームをする道具でもありますが、なによりも『生産』するための道具だとして考えてみれば、これほどコストをかけずに収入を得られるものはありません。

私は実際にパソコンを使ってさまざまな商品を作成し、そこから収入を得ているのですが、特に会社に勤める必要や営業する必要、自宅から出る必要もなく、ネット回線とパソコンができる環境さえあればどこでも作業することができます。

 

忙しい人は無駄が多すぎる

やらなければならない」というものが多すぎて忙しいと言っているのであればそれは幻想です。

本当にそれは必要なものなのかどうかを考えてみると、実際は無駄なことだらけで必要がないものの場合がとても多いです。

通勤を例に挙げましたが、まさにそのようなものは生産性がなく何も生み出すことはありません。ただの拘束時間であり、例え移動時間に何かをやったとしても、暇つぶしとして利用していては意味がありません。

「その行動は何かを生み出すのかどうか?」を常に考え続けていると、時間に見合った行動なのかどうかが判断できるようになります。

私は家事もするのですが、料理することが無駄だと思えばやりませんし、今の時代はすぐに食べられるものはお金を出せば買うことができるので、時間を優先するようにしています。

  • 時は金なり
  • タイムイズマネー

という言葉がありますが、すでにその言葉は過去のもので、現代においての価値観は

『 時間 > お金 』

です。

 

忙しい人ほど行動基準が節約

行動基準を思い返してみて欲しいのですが、お金のために時間を使っているのか、時間のためにお金を使っているのかでは、言葉は似ていますがその本質はまったく正反対のものになります。

もしお金を節約するために時間を使っているのでしたら、それほどもったいない行為は無いと断言できます。例えば電車を使えば10分で到着するところを、節約して歩いたとした場合、お金は浮きますが時間は大幅に減ります。

そして日常において、「忙しい」という感覚はこの思考から生まれてくる場合が多く、なぜ時間がこれほどまでに軽い扱いを受けているのか本当に理解できなくなるという現象が起きます。

忙しさを捨てさりお金でそれを買い取ります。浮いた時間を使って「さらにお金を生み出せるものを生産」するということです。

これを投資ともいいますが、最終的にお金は使えば使うほど収入は大きくなります。もちろんあくまでも「投資」した場合でありただの「消費」ではお金を使い続けているだけになってしまいます。

 

そのお金の使い方は消費なのか投資なのか。この見極めができるようになれば、あとはお金が勝手に収入を作り出してくれて、さらに時間をも生み出すという良い循環に変化していきます。これは絶対的な法則です。

 

まとめ

ひとりで仕事・家事・育児をこなす生活を送っていますが、おそらく時間的に会社勤めのサラリーマンや、専業・兼業主婦よりも全然余裕のある生活を送っています。

今回のテーマである時間に関してまとめると

  • 無駄な時間は徹底的に省く
  • 必要の無い人間関係を切る
  • 時間 > お金 という関係性を知る

主にこの3つが重要なポイントです。

そして、お金の使い道として「投資」か「消費」かという点を考え、消費を切り捨てて行くことで価値観に変化を作りだすことができます。

もちろん人には欲望があるので「消費」に走ってしまいがちですが、例え100円であれ、そのお金をもっと大きくできるかどうか、時間を作り出せることができるかどうかを意識することで世界観は一変することでしょう。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


Copyright© ロジカル夢占い , 2018 All Rights Reserved.